Appleの「AirPods Pro」とSonyの「WF1000XM3」比較

ヘッドホン・イヤホン

こんにちは!
Reikeです。

今日はすでに出きった感もあるのですが・・・
Apple「AirPods Pro」とSony「WF1000XM3」を自分なりにレビューしてみたいと思います。
改めて、購入を悩んでいる方は、他のヘッドホンのレビューなんかも参考に検討してみてください!

実はこのブログを始める前から、AirPods Proを購入して使用していました。
大体1ヶ月強ほどでしょうか。
それまでは、SonyのWH-1000XM3WF-1000XM3を愛用していました。

そこで、ノイズキャンセリングヘッドホン歴6年の自分が簡単にレビューします!

今まで使ってきたノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホン

まずは、今まで使用していたノイズキャンセリングヘッドホン・イヤホンをざっくりご紹介していきます!

AKG K495NC

当時はまだ有線のイヤホンや、ヘッドホンを使用しており、外音のうるささはさして気にはなっていなかった。しかし、地下鉄内などでは音楽もほぼ聞こえなく改善できたらなぁという気持ちが。

そんな中、目をつけたのがK495NC
朝の通勤などでは、ノイキャンを使用し日常生活ではオンイヤー型のY50ヘッドホンを使用するという使い分け方をしていた。

【中古】AKG(アーカーゲー) Y50BT BLU ブルー 【298-ud】

価格:9,171円
(2020/1/3 19:00時点)

※Y50BTの中古商品リンクです。

更にまだワイヤレスヘッドホンが発展途上だったため、選択肢も少なく、わざわざSonyのBluetoothリモコンやワイヤレスウォークマンを間に噛まして使用していた。その後は数年後に発売されたAKG Y50BTと併用しながら使用していた。

  • 良かった点
    • 約6〜8年ほど前に発売された、ノイキャンヘッドフォンの元祖。(他にも勿論ありましたが一番出来が良かった)
    • まだノイキャンは発展途上で選択肢も少なく、その中では音質、デザインなど総合的に良いモデル。
    • Reikeにとって初のノイキャンだったので外音の消失感に感動した記憶。
    • AKGブランドでドンシャリも心地よく良い音質。(Reikeの個人的に好きな音)
    • 特に、当時は銀座線で通勤していて(日本で最初の地下鉄のため構内がとてもうるさい)恩恵は絶大でした。
    • オーバーイヤー型ではないので耳のムレはあまり気にならない。(多少はムレ感あります)
    • バッテリのもちが良い。公称では40時間。(確かにバッテリ切れで焦った経験はあまりない)
  • 悪かった点
    • 重たい
    • オンイヤー型のため耳への側圧が大きく圧迫から頭が痛くなる
    • 値段が高い(4万強ぐらいだったのでは・・・)
    • ボディの耐性問題。ハウジングの付け根に亀裂がなど色々と報告されていたようです。
    • AKGではまだワイヤレスヘッドホンが登場しておらず、有線接続でケーブルが煩わしい。

BOSE QC35

この時期は、結局ノイキャンより、ケーブルレスなワイヤレスヘッドホンに魅力を感じ(オンイヤーでもそこそこ外音を防いでくれるので)AKG Y50BTに完全に乗り換えてしまっていた。(夜行バスなどの長時間移動の際はK495NCを使用していた。)

そんな中、BOSEよりワイヤレスでノイキャンが搭載された新型のノイキャンヘッドホンが発売されるとあって直ぐに購入!

ノイキャン性能もAKGより断然よく電車で寝過ごしてしまうほどの感動があった。完全にY50BTとはおさらば・・・w

  • 良かった点
    • 過去に、BOSE MIE2iを使用していたこともあったので気になっていた。
    • ワイヤレスのため、直接機器と接続できるしケーブルの煩わしさから開放された。
    • 音質が良い。AKGと比べると作られた音感が強いが、飽きのこない音質でずっと聞いていられた。
    • BOSEブランド所有欲が満たされる。
    • AKGより、後発のためか(2016年発売)ノイキャンの精度が高く、音楽へのさらなる没入感が得られた。
    • オーバーイヤー型の割にはコンパクトで持ち運びしやすい。
    • 値段がAKGより安い。
  • 悪かった点
    • みんな使ってる。
    • カラーがブラックとシルバーしか無い。
    • バッテリがAKGよりもたない。
    • スイッチなどの部分のデザインが、ちょっとダサい・・・。
    • オーバーイヤー型なので、夏などの暑い時期は蒸れやすい。暑い。
    • 電話でそのまま話そうとすると、相手に聞こえづらくほぼ使えない。

16%OFF Bose QuietComfort 35II ワイヤレス ヘッドホン / ヘッドフォン / ノイズキャンセリング / ノイズキャンセル / Amazon Alexa / アレクサ / Googleアシスタント / Bluetooth / ブルートゥース / NFC対応 / iPhone対応

価格:34,100円
(2020/1/3 19:45時点)

※初代QC35の商品紹介がなかったので2世代目のQC35貼っておきます。

SONY MDR-1000X

QC35を購入したのが2016年の初夏。2016年の10月に、8年付き合った彼女とも別れ意気消沈していた自分のもとに、Sonyがノイキャンヘッドフォンを出すという情報が届いた。しかもデザインがシックでかっこいい!

更に、物理ボタンは少なくタッチセンサーでの操作や外音取り込み機能、その人その人にあった微調整をオートでやってくれる機能などが盛り込まれており、Sonyの技術力の高さに感動した覚えが。
今の、ノイキャンヘッドホン・イヤホンの形を作ったモデルではないかな?

  • 良かった点
    • 外音取り込み機能が秀逸!電車内でアナウンスを聞き逃す事もなく快適。
    • タッチ操作がメインで、曲送り、ボリューム調整など、歩きながらでも感覚で操作でき扱いやすかった。
    • ノイキャンの性能が、BOSEと比較すると大きな違いはないが、低音の音はよく消してくれていたイメージ。
    • バッテリのもちが良い。
    • デザインがかっこいい。側面がフェイクレザーのような質感で肌触りも良かった。
    • 効いてるのか効いてないか結局よくわからなかったが、パーソナルNCオプティマイザーで自身の頭の形状や眼鏡の有無に合わせてノイズキャンセリングのかかり方を調整してくれる。
  • 悪かった点
    • 初期不良が多め・・・。自分は購入1ヶ月で飛行機に乗った際、離陸時の爆音に耐えられずなのか、不快なほどの雑音が右ハウジングから聞こえる不良が発生し修理に。
    • BOSEよりもイヤーカップが大きく、持ち運びが煩わしかった。
    • オーバーイヤー型なので、夏などの暑い時期は蒸れやすい。暑い。
    • 電話でそのまま話そうとすると、相手に聞こえづらくほぼ使えない。

【中古】SONY(ソニー) MDR-1000X (C) グレーベージュ 【291-ud】

価格:10,865円
(2020/1/3 19:17時点)

※新品がないので中古のリンクです。

SONY WF-1000X

そして一年後の、2017年9月。
小型軽量化された、ノイズキャンセリングイヤホンが発表された。この時、既にノイキャンヘッドホンを使用していたし、インナーイヤー型のイヤホンは苦手だったためあまり気にはしていなかったのだが・・・。

2018年2月頃、ヘッドホンの重さとサイズ感が煩わしく値段も少しこなれた感もあったので試しに購入してみた。

軽いし、ノイキャンもそこそこ効いているし、音もいいし、持ち運びもしやすく扱いやすさもあり、すっかりWF-1000Xに乗り換えてしまい、虜になっていたw
夏の時期なんかも快適でした!

しかしバッテリの持ちが悪かったので、片道1時間の通勤専用に。

  • 良かった点
    • 小型で持ち運びしやすい。充電ケースも小型でショルダーバッグにもしまいやすい。
    • 耳がムレない。
    • イヤホンサイズなのに音がいい。
    • 音楽をシェアしやすい。
    • MDR-1000Xを踏襲したデザインでかっこいい。ブラックを選んだのだが、メタリックブラックのような感じでかっこよかった。
    • 充電ケースがアルミ製で高級感があり、頑丈。
  • 悪かった点
    • バッテリの持ちがすこぶる悪い。半日出かけようとしたら途中でバッテリが切れるのでその度にケースにしまって充電が必要。(2時間ちょいぐらいで切れていたイメージ。公称3時間。)
    • ケースのバッテリもちが悪い。イヤホンの充電含めても、公称9時間しか持たない。
    • iPhoneとの接続性が悪い。右側のイヤホンの音がぶちぶち切れる。特に電波が多く飛び交っているところなどで。
    • ケースへの収納性が悪い。物理ロック機構なのでしっかりと収納しないと時々充電されていないときがあった。
    • 耳への装着性が悪い。自身の耳の形状のせいか、フィットするはずのパーツが耳にフィットせず激しく動くと落としそうになる。
    • 遅延がひどい。映画を見ていると口パクに。ゲームもタップ操作が遅れるなど・・・。
    • 電話でそのまま話そうとすると、相手に聞こえづらくほぼ使えない。特に人混みでは全く使えない。

【中古】ヘッドフォン ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット (ブラック) [WF-1000X(B)]

価格:7,800円
(2020/1/3 19:20時点)

※新品がないので中古のリンクです。

SONY WH-1000XM3

MDR-1000XWF-1000Xにそこそこ満足していたので、1000XM2は大スルーしていたのだが、2018年10月、新型のWH-1000XM3が発表された。実はこちらも値段の高さと、性能や音質的にも対して変わらないだろう・・・と思っていたのですが、2ヶ月後の12月。色々と気になり、家電量販店で視聴したところ自分の大好きな音質、ドンシャリ感バッテリ急速充電対応、USB-Cの採用アプリへの対応デザインなど色々とバージョンアップした事が非常に気になり購入。

音質、ノイキャン性能、使い勝手など諸々含めても2020年現在最も優秀なノイズキャンセリングヘッドホンかと思います!!

しかし、数カ月後にはWF-1000Xに戻る羽目に・・・。

  • 良かった点
    • iPhoneとの接続は全く切れない。
    • sony headphone connectとの連携が楽しい。
    • 音質がめちゃめちゃいい!アプリを使用すると3Dサウンド的な聞き方も出来ます。
    • アプリでのイコライザ設定が秀逸。自分の好きなドンシャリを強化して使用していました。
    • デザインがかっこいい。MDR-1000Xと比べるとシックなかっこよさはなくなったが、ブラックモデルはワンポイントでロゴやマイク部にピンクゴールドのカラーが配置され、よりカジュアルで、洗練されたデザインに。
    • 付属の収納ケースがファブリック素材でかっこいい。
    • ノイキャン性能が大幅アップ!相変わらず人が話す声は聞こえるが、低音から中音までキレイに遠くから聞こえるレベルにまで!これを付けていると本当に電車を乗り過ごす機会が増えて大変でした(汗)ちなみに音楽をかけないとそこそこ外音が聞こえますが、音楽をかけると全く気にならなくなります。
    • 状況に応じてノイキャンのレベルを細かく変更できる。MDR-1000Xのときはノイキャン、オン・オフ、声を聞きやすくする。の3パターンしかなかったのですが、アプリを使用してより細かく調整できるようになりました。
    • 特に飛行機や夜行バスなどではノイキャンの効果抜群!
    • バッテリ持ちがいい!充電するのを忘れるぐらい。
    • 急速充電対応!10分の充電で公称5時間も使える!
    • 遅延はほぼない!(Reike肌感)
  • 悪かった点
    • 重い。
    • 暑い。やはりオーバーイヤー型なのでムレます。
    • サイズが大きい。着用しない際の収納が煩わしい。小型のバックなどだと、常に首か頭に装着しておくことになります。
    • headphone connectアプリとの連携が微妙。(これはアプリ側の問題ですが・・・)
    • 電話でそのまま話そうとすると、相手に聞こえづらくほぼ使えない。

ソニー SONY ブルートゥースヘッドホン ブラック WH-1000XM3 [リモコン・マイク対応 /Bluetooth /ハイレゾ対応 /ノイズキャンセリング対応][ワイヤレス ヘッドホン WH1000XM3BM]

価格:32,993円
(2020/1/3 19:23時点)

SONY WF-1000XM3

いよいよ、2019年7月。
満を持してWF-1000XM3が発売されました。

今まで、時々WH-1000XM3、日常使いでWF-1000Xを使用してきていましたが、ついにイヤホン型の新型が出るという事で、速攻で予約をしに行き購入に至りました。

ズバリ購入したい!と思った理由としては、バッテリの持ちが倍の6時間!充電ケースを入れると24時間使用可。WH-1000XM3とほぼ同様のプロセッサを搭載。タッチ操作で外音取り込みが可能。装着検知機能など!

ちなみに、WF-1000XM3を購入したことにより、WH-1000XM3の出番はグンと下がり、年に数回有るか無いかの飛行機用などの用途のみになってしまいました。

  • 良かった点
    • sony headphone connectとの連携が楽しい。
    • 音質がめちゃいい!
    • アプリでのイコライザ設定が同様で秀逸。自分の好きなドンシャリを強化して使用。
    • 充電ケースが磁石式になったことで、収納しやすく充電ミスもなくなりました。
    • ノイキャン性能が大幅アップ!WF-1000XM3購入直後、WF-1000Xを外してXM3に付け替えたら効きすぎていて、少し目眩がしました・・・w
    • ノイキャンの味付けは高音域から低音域まで全体的に音を消してくれているようなイメージ。車内アナウンスや、人の話す声もそこそこに小さくなっている気がする。
    • 状況に応じてノイキャンのレベルをアプリで細かく変更できる。
    • バッテリ持ちがいい!半日出かけても途中で充電せずにそのまま帰宅することが出来ます。
    • 急速充電対応!10分の充電で公称90分使える!1日出かけていると時々充電が必要な時があるので助かりました・・・!
    • 遅延もほぼなくなりました。(肌感コンマ何秒かの遅延はあり)
    • タッチセンサーで外音取り込みが便利。特に現在はアップデートされ、ボリュームを調整することも可能になりました。
    • 装着検知機能で、レジなどで会話する際に外すと音楽が止まるのが良い。
  • 悪かった点
    • 初見だと装着の仕方が難解。
    • 重い。装着直後、耳に馴染む前に猛ダッシュすると落としそうになる時がある。馴染めばまぁ平気。
    • 充電ケースが大きくかさばる。
    • 充電ケースがラバーコーティングのプラスチックなのでキズが付きやすく気になる。(専用ポーチに入れて持ち運んでいる)
    • 歩くと、振動を拾ってズンズン音がする。
    • 外音取り込みの状態で装着している場合、聞き取れはするがしっかり会話できるかというと少し不安なレベル。外して会話したほうが絶対良い。
    • どの機種にも当てはまるが、風の音を拾う。
    • 防滴ではないので、雨の日に濡れないように気を使う。
    • WF-1000Xほどではないが、人混みや満員電車が到着した際に音がブチブチ途切れる。
    • タッチセンサーが操作しにくい。特に歩きながらだと、どこにセンサーがあるのかわからず一発でタップすることが難しい。変にタップしようとして、外れそうになることもしばしば。
    • 装着検知機能が、センサー部が明るさを検知すると、外されたと認識するようで、そのままポッケにしまうとまた音楽が再生されてしまう。
    • 電話でそのまま話そうとすると、相手に聞こえづらくあまり使えない。

ソニー SONY フルワイヤレスイヤホン ブラック WF-1000XM3 BM [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(左右分離) /Bluetooth /ノイズキャンセリング対応][ワイヤレス イヤホン WF1000XM3BM]

価格:28,094円
(2020/1/3 19:28時点)

Apple AirPods Pro

さてそんなさなか、2019年10月AirPods Proが発表されました!
当初は、いやいやいやWF-1000XM3買ったばっかだし、Sonyのほうが音いいし、いらんよいらん!と思っていたのですが・・・。

世の中のレビューや、爆売れのニュースを見れべ見るほど気になって気になって・・・
12月に購入してしまいました・・・w

さて、そんなAirPods Proですが、果たしてどうなのか!!!

  • 良かった点
    • iPhoneとの連携が秀逸!特に電話時など違和感なく通話できるし、着信があってから装着してもすぐ使える。
    • 接続が早い。
    • 遅延がない。
    • 操作性が良い。AirPods Proステム部分を摘んで操作する、疑似ボタンなのですがこれが意外と使いやすく、操作ミスも少なく、耳から外してしまいそうになることもないのです。
    • 接続が安定しており、どんな人混みでも途切れない。(時々本当に時々、ん?と思う一瞬レベルの途切れはある)
    • 外音取り込みがすごく良い!装着したまま、外音取り込みオンにした状態でも会話できるレベル。
    • 装着検知機能が、加速度センサーと相まってかポッケに入れても再生されない。(稀に再生される時があるがイヤホンが縦の状態で暗いと再生されるっぽい?)
    • 装着感が良い!ノーマルのAirPodsの時は歩いただけで耳から落ちそうになるレベル(Reikeの耳がガバガバのため)だったが、どんなに走っても落ちそうな感じがしない。
    • 耳にすっとつけられる。
    • 充電ケースが小さい。
    • 風の音を全く拾わない。
    • 急速充電可能!5分の充電で公称1時間使用可能。
    • 充電ケースのワイヤレスチャージが使用可能。帰宅後にチャージングパッドに置いておけば、充電忘れとはおさらば。
    • iPhoneでバッテリー残量の確認が容易。
  • 悪かった点
    • ノイキャンの性能は、Sonyとは味付けが違うので一概には言えないが、低音域はよく消えているが、高音の音がよく聞こえる感じ。車内アナウンスや、人の話し声、カサカサ音は聞こえる。
    • 音質がやはり、WF-1000XM3に比べて劣る。ドンシャリ感がなく、少しくぐもった感じの味付け。
    • 時々、接続不良を起こして何回か接続試行する時がある。
    • 10回に1回ぐらい、動作が不安定になりノイキャンオンオフ動作がバグり何も操作を受け付けない時がある。(その場合ケースに収納しiPhoneとの接続を完全に解除させると復帰)
    • WF-1000XM3に比べると、バッテリのもちが短い。半日強出かけると、途中で切れることもしばしば。WF-1000XM3→公称6時間 AirPods Pro→公称4.5時間

【5%還元対象!】[新品] Apple AirPods Pro MWP22J/A 4549995085938 エアポッズプロ

価格:35,978円
(2020/1/3 19:36時点)

※定価より高いお値段がついていますが割と早めに購入できそう?要ショップへの確認。

WF-1000XM3の総評

というところで総評です。

WF-1000XM3は全体的に出来がよく、WH-1000XM3の弟的な立ち位置で、コンパクトで取り回しやすくそれでいて音質や技術も遜色なく、ヘッドホンを使用していた人でも違和感なく使用できるので非常に使いやすいノイズキャンセリングイヤホンでした。

多分AirPods Proが発売されていなければ、これ一択で過ごしていたことでしょう。

一部の記事によるとWF-1000XM2と同等の性能ではと言われているぐらい。
あ、でもWH-1000XM3の方がノイキャン性能も音質もすごくいいですよ!

ただし一方でiPhoneとの連携はあまり良くなく、イライラする時もありました。音質は良いのにすごく残念です。

Apple AirPods Proの総評

次にAirPods Proの総評です。

iPhoneとの連携がすこぶるよく、組み合わせて使うなら最強のコンビかと思います!ただし、音質に関して言うと、自分の好きなドンシャリ感はなく全体的にくぐもって聞こえるので、AKGやSonyが好きな自分としては少し物足りなさを感じるところです。また、バッテリの持ち時間も少し心もとないです。

しかしそれを差し引いたとしても、やはりiPhoneとの連携は秀逸なので、連携を優先される方にはおすすめです。
※音質を改善できる手法があるので今はそれで使用しています!やり方などはまた後日ブログで紹介させていただきます!

実際どれがいい?

うーん。
現在発売されている、ノイズキャンセリングイヤホンタイプで、多分どちらか一方を!と言われたら悩んでしまいますね・・・w

正直、自分の手元には、WF-1000XM3AirPods Proの2機種が残されていて、どちらも使用していこうかなといった感じです。普段使いはAirPods Proですが・・・w

特に長時間の移動の際などは両方持っていく感じになるでしょうか。

というわけで、純粋に購入基準を分けるとすれば、こんな感じでしょうか?

  • 音質に拘りたい、没頭したい。
  • ノイキャンの効き方を色々調整したい。
  • 一回の充電で長く使いたい。
  • とりあえずSonyが好き。
  • カラーは黒がいい。
    • →WF-1000XM3
  • iPhoneとの連携優先!
  • 電話とかでもガンガン使いたい。
  • WF-1000XM3やノーマルAirPodsだと装着感悪くて耳から落ちちゃう。
  • 映画や、ゲームが中心。(遅延が気になる)
  • 通勤やちょっと出かけるときぐらいしか付けない。(バッテリの持ちが短くてもいい)
  • 日常使いでよく人と話す時がある。
    • →AirPods Pro

最後に

ものすごく長くなりましたが、個人的な見解としては上記のようなイメージでしょうか・・・!
自分にフィットしたヘッドホン・イヤホン選びって難しいですよね(汗)

皆さんも是非色々と試して、自分にあったメーカー、プロダクトを選択していってみてくださいm(_ _)m

この記事が少しでも、皆さんの助けになれたら幸いです!

商品リンクまとめ

■中古 Y50BT

【中古】AKG(アーカーゲー) Y50BT BLU ブルー 【298-ud】

価格:9,171円
(2020/1/3 19:00時点)

■新品 QuietComfort 35II

16%OFF Bose QuietComfort 35II ワイヤレス ヘッドホン / ヘッドフォン / ノイズキャンセリング / ノイズキャンセル / Amazon Alexa / アレクサ / Googleアシスタント / Bluetooth / ブルートゥース / NFC対応 / iPhone対応

価格:34,100円
(2020/1/3 19:45時点)

■中古 MDR-1000X

【中古】SONY(ソニー) MDR-1000X (C) グレーベージュ 【291-ud】

価格:10,865円
(2020/1/3 19:17時点)

■中古 WF-1000X

【中古】ヘッドフォン ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット (ブラック) [WF-1000X(B)]

価格:7,800円
(2020/1/3 19:20時点)

■新品 WH-1000XM3

ソニー SONY ブルートゥースヘッドホン ブラック WH-1000XM3 [リモコン・マイク対応 /Bluetooth /ハイレゾ対応 /ノイズキャンセリング対応][ワイヤレス ヘッドホン WH1000XM3BM]

価格:32,993円
(2020/1/3 19:23時点)

■新品 WF-1000XM3

ソニー SONY フルワイヤレスイヤホン ブラック WF-1000XM3 BM [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(左右分離) /Bluetooth /ノイズキャンセリング対応][ワイヤレス イヤホン WF1000XM3BM]

価格:28,094円
(2020/1/3 19:28時点)

■新品 AirPods Pro

【5%還元対象!】[新品] Apple AirPods Pro MWP22J/A 4549995085938 エアポッズプロ

価格:35,978円
(2020/1/3 19:36時点)

※定価より高いお値段がついていますが割と早めに購入できそう?要ショップへの確認。

タイトルとURLをコピーしました